<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ロストフより

0
     2月4日より南ロシアのロストフ(Rostov-na-Donu)に滞在しています。
    2月9日にここのオペラ劇場(Rostov State Opera and Ballet Theater)de
    プッチーニの「蝶々夫人」を客演指揮します。なんでもこのプロダクションの
    125回目の記念公演ということで、とても名誉なことだと思います。
    明日2月5日は11時〜14時がオーケストラ・リハーサル、
    18時〜21時がキャスト・リハーサル。
    楽しみです。

    ロストフ歌劇場のホームページ

    私の客演について(ロシア語のみですが)



    la fontaine * エッセイ * 03:54 * comments(0) * trackbacks(0)

    いざヨーロッパ

    0
       2月9日にロシアのロストフでプッチーニの「蝶々夫人」の舞台公演を指揮します。
      本日1月27日深夜に発って、ベルリンに向かいます。ベルリンでは、ベルリン・ドイツ・オペラで
      「蝶々夫人」を視察鑑賞、ベルリン・フィルの演奏会も聴いて、音楽環境(?)を整えてから
      ロシアに向かいます。
      JUGEMテーマ:日記・一般


      la fontaine * エッセイ * 16:05 * comments(0) * trackbacks(0)

      ウィーン滞在記5月11日〜5月20日

      0
        JUGEMテーマ:旅行
        5月23日にブルガリアのプロウディブにあるオーケストラに客演しました。 そのことはまた別の記事で書くとして、まずその前に滞在したウィーンでの滞在記をアップします。 出発前日まで福島大学で授業。そのあと帰宅して旅行の準備とあわただしく日本を後にしました。 到着して短期滞在用のアパートチェックインして、夜のコンサートのためコンツェルトハウスへ。 アパートはベルヴェデーレ宮殿の近く。

         ベルベデーレ宮殿


        そしてコンツェルトハウスも歩いて10分ほど




        聞いたコンサートは、ノリントン指揮ヨーロッパ室内管弦楽団。
        プログラムは; ハイドン:交響曲第94番「驚愕」
        シューベルト(レーガー編):オーケストラ伴奏歌曲
        ハイドン:交響曲第92番「オックスフォード」

        ブルガリアのコンサートの10日以上も前にウィーンに来たのにはわけがありました。
        それがこのノリントンのコンサート。「オックスフォード」は私がブルガリアで指揮する曲。
        私の場合は中プロですが、ノリントンのコンサートはメイン。非常に興味があり、
        11日と12日の両日のチケットを早々と買っていました。 ノリントン指揮ヨーロッパ室内

        「驚愕」最初の和音が鳴り響いた時から、時差の疲れはふっとびました。
        とにかく響きが美しい。そして、速めのテンポではっきりとした輪郭線を保ちながら進める
        ノリントンの音楽づくりがハイドンに合っていました。

        13日はダブルヘッダー。

        11時からムジークフェラインの大ホールで、バレンボイム指揮ウィーン・フィルハーモニーの演奏に
        よる、モーツァルトの交響曲第39番、第40番、第41番「ジュピター」の3曲を聞きました。


        席は最前列のいわゆる「かぶりつき」

        ウィーン・フィルをこんなに近くで聞いたのは初めて。なかなかおもしろかったです。

        ウィーンにこれだけ長く滞在したのは、久しぶりです。
        もちろんブルガリアでのコンサートに向けての準備もありまが、音楽史で重要な場所を
        調べるためでもありました。

        ロブコヴィッツ邸
        ウィーンでベートーヴェンを支援した貴族の一人ロブコヴィッツの邸(現演劇博物館) 
        ここで「英雄交響曲」が初演されました。


        エロイカザール
        「英雄交響曲」が初演された広間 比較的小さな広間ですが、響きは良さそうです。
        ロブコヴィッツお抱えのオーケストラ奏者28人によって初演されました。


        マーラー
        マーラーがウィーンの歌劇場の音楽監督をしていた時代に住んでいた
        アパート。現在も一般の集合住宅として利用されています。
        中に入ることはできませんが、建物の外からならば見ることができます。


        ピアノ
        ウィーンではピアノを借りました。この部屋は、他の部屋の音が
        気にならずに集中して練習することができます。
        1時間5ユーロ(約500円)。日本では考えられない手ごろな値段。
        グランドピアノも悪くありませんでした。

        続く



        la fontaine * エッセイ * 11:11 * comments(0) * trackbacks(0)

        ベランダ菜園

        0
          JUGEMテーマ:日記・一般

          昨年からベランダ菜園をやっています。

          今年は豊作の予感あり??のアスパラ
          昨年北海道でたまたま立ち寄った園芸店で苗を買い、
          育てています。冬の寒さが厳しかったのでどうなること
          かと思いましたが、ワラを敷いた防寒対策が功を奏したか
          4月中旬くらいから元気に芽がでました。

          アスパラ

          これで今年の2本目。追い肥をしてもっと収穫できることを期待。
          同じアスパラの24時間後。一日でこれだけ伸びました。


          そして今年の新顔。トマトの苗。
          トマトの苗
          こちらも夏頃の収穫を期待しています。

          今まで時間がないと思ってやってきませんでしたが
          やってみると楽しいです。
          ちなみにマンションの5階なので虫はすくないように思います。


          la fontaine * エッセイ * 10:54 * comments(0) * trackbacks(0)

          4月も3週目

          0
            JUGEMテーマ:日記・一般

            ブログを読んでいただいている皆さん、 お久しぶりです。
            だいぶ更新が空いてしまいました。

            4月から新年度、新学期。

            まずは、報告1
            4月から福島大学で、非常勤講師として週1時間「指揮法」の授業を
            受け持っています。
            初授業は4月12日でした。
            現在19日の授業のための準備中です。

            報告2
            昨年からFacebookでの日記を増やしています。
            もし興味のある方はご連絡ください。


            la fontaine * エッセイ * 11:07 * comments(0) * trackbacks(0)

            蝶々夫人 終演

            0
              JUGEMテーマ:音楽
               
              2月4日、福島市での「蝶々夫人」公演は無事終了しました。

              寒さの影響もあって客足は今一つ伸びなかったようですが、
              来場された方には評判もよかったことがうれしく思います。

              今回の公演、いろいろと制約のあるなか実現にこぎつけたことは
              ひとえに参加者全員の熱意だったと思います。


              la fontaine * エッセイ * 13:44 * comments(0) * trackbacks(0)

              トレド

              0
                JUGEMテーマ:旅行

                マドリッドからスペインの新幹線AVEで30分のトレドに日帰りで行ってきました。

                トレド駅
                トレド駅

                町は高台にあります。
                駅から街までは徒歩で20〜30分。高台にあるのでけっこうハードかもしれませんが
                辺りの景色を楽しみながら登りました。


                門。ここをくぐるとトレドの街


                アラビアの影響を感じる建物。

                アルカサールを見学した後、入口の目の前にあるレストランでランチを食べました。
                ちょうどスペインの昼ごはんの時間(午後2時)近くで、セットメニューがありました。
                1000ちょっとなので早速注文。基本は2プレート(皿)1デザートで選べます。


                第1の皿 パエリア もちろん1人前です。この時点で
                次はすごいと予感



                スペインの名物料理コシード 肉の壺焼きとひよこ豆



                デザートのパンプリン。別腹でした(笑)




                ランチをお腹いっぱい食べて、帰路も歩き。すばらしい光景が広がっていました。


                la fontaine * エッセイ * 10:15 * comments(0) * trackbacks(0)

                パリからメリークリスマス

                0
                  JUGEMテーマ:旅行
                   
                  12月19日からパリに滞在しています。
                  来てからずっとどんよりとした天気でしたが、
                  昨日24日は快晴。。

                  朝、滞在している家具付きのアパルトマンの部屋からの眺め。
                  向かいはサントゥスタシュ教会。手前は工事中のForum Les halles
                  2016年に完成予定だそうです。


                  ノートルダム寺院の塔からパリ(エッフェル塔方向)を望む。地上46メートルの高さ
                  から見る景色は絶景です。


                  モンマルトル方向の眺め(ノートルダム寺院の塔より)


                  19世紀にル・デュックによって装飾された怪物。


                  ノートルダム寺院から見たパリのオペラ座(ガルニエ宮)。こうして見るとオペラ座が
                  いかに巨大な建造物かがわかりますね。

                  12月25日午前0時。クリスマスの鐘が鳴るノートルダム。
                  動画で撮れば良かったと後悔。




                  la fontaine * エッセイ * 23:00 * comments(0) * trackbacks(0)

                  札幌シンフォニエッタ第49回演奏会

                  0
                    JUGEMテーマ:音楽

                    今日は札幌シンフォニエッタとのコンサートです。
                    12月4日13時30分開演
                    札幌サンプラザホール

                    メンデルスゾーン:美しいメルジーネの物語
                    ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番(独奏:黒山映)
                    ベートーヴェン:交響曲第2番

                    演奏:札幌シンフォニエッタ
                    指揮:本多優之

                    以下に今日のプログラムノートを転載します。
                    *************************************************************
                    プログラムノート

                    本多 優之

                     「真夏の夜の夢」、「フィンガルの洞窟」、「ルイ・ブラス」などメンデルスゾーンは優れた演奏会のための序曲を残している。古くから知られた人魚伝説を題材とした「美しいメルジーネの物語」もその一つで、1833年に作曲され翌年ロンドンで初演された。
                     主人公のメルジーネは人魚でありながら、人間に恋をする。相手はライムントという青年将校。メルジーネは、人間の姿になりライムントとの結婚を果たすが、月に1日だけ暇をもらう約束を夫と交わしていた。誰にも知られずに人魚の姿に戻らなければならいからだ。二人の幸福な日々は続いたが、月に1日暇をもらう妻の行動に、いつしか夫ライムントも疑念を抱くようになる。ある日のこと、メルジーネの後をつけて彼が見たのは、人魚に戻った妻の姿だった。正体を知られてしまったメルジーネは、もはや人間の世界に留まることはできず、再び人魚の世界へ戻って行く。
                     曲は管楽器による水の流れを表すような美しい旋律とオーケストラ全体の力強い部分が交互に現われて次第にクライマックスを作る。それが2度繰り返され、突如として冒頭の部分が回帰し、あたかもメルジーネが再び海に戻っていくかのように静かに終わる。
                     ちなみにメルジーネを題材とするオペラの台本「メルジーナ」が、オーストリアの劇作家グリルパルツァーによって書かれている。もとはベートーヴェンのために書かれたものだったが、まったく作曲に着手されずに終わり、その後クロイツァーによって作曲された。このオペラをメンデルスゾーンが見て、序曲の出来に不満をもち「より心の内面で聴ける音楽」を目指したのが作曲の動機となった。
                     
                    今日のプログラムで中核を占めるベートーヴェンの二作品には共通点がある。それは、ともに革新的な作品でありながら、後続する偉大な作品(ピアノ協奏曲第5番「皇帝」と交響曲第3番「英雄」)の影に隠れてしまったことだ。

                     ピアノ協奏曲第4番は主調がト長調という、ベートーヴェンの作品のなかでもあまり使われることがない珍しい調で作曲されている。穏やかな独奏ピアノが先行して曲を始め、オーケストラがそれに続くという異例の展開で曲は幕をあける。静かで優美な(piano, dolce)独奏ピアノに、コントラバスを除いた弦楽器のピアニッシモがロ長調で呼応する。まるでベートーヴェンの作品に強固な音の精神を聞きとろうとする者の裏でもかくようだ。第2楽章は、独奏ピアノと弦楽器の対決で始まる。荒々しく決然と響く弦楽器に対し、独奏は弱々しくまるで嘆願するようだ。短いながらも楽章全体が劇における1シーンのようで印象深い。この協奏曲では、フィナーレになって初めてトランペットとティンパニが加わり、すべての楽器が使われるようになる。楽章ごとに楽器法を変え、多様な音響と音色が設計されているのは画期的だ。

                     ここで交響曲第2番ニ長調について話をすすめる前に、少し長くなるがある文章を引用したい。
                    「交響曲は偉大なもの、厳かなもの、崇高なものの表現にとりわけ適している。……豊かな響きの、輝かしく、火のように激しい書法によってのみ、その最終目的を達成することができる。・・・アレグロは偉大で大胆な楽想をもち、楽節は自由に取り扱われ、旋律と和声は外見上は無秩序に見える。また、さまざまな種類のくっきりと際立たせられたリズム、力強いバス旋律とユニゾン、協奏的な内声部、自由な模倣、しばしばフーガ風に扱われる主題、ある音から別な音への突然の移行や逸脱(その結びつきがしばしばそうであるように弱ければ弱いほど、そうした移行や逸脱はいっそう意表をつく)、それにフォルテやピアノ、特にクレシェンドのはっきりとした陰影がある。クレシェンドは上昇しながら表現力が増してゆく旋律と同時に起こる場合には最も効果的である。加えて、あらゆる声部を互いに結び付けて、その響き全体でたった一つの旋律、それもいかなる伴奏にも適さず、全体のために各声部がひとえにおのが本分を尽くすことで生じるような旋律だけが聞こえるようにする技術もある。交響曲におけるそうしたアレグロは、さしずめ詩におけるピンダロスの頌歌であり、ピンダロスの頌歌のように、聴き手の魂を高め、揺さぶる。またそこで首尾よくゆくためには、ピンダロスの煩歌と同じ精神、同じ高揚した想像力、同じ芸(技)術学を必要とするのである。」(土田英三郎訳)
                     これはJ.G.ズルツァーが編纂した『一般芸術理論』(1771−4年)にある「交響曲」の項目の一部だ。ベートーヴェンの交響曲をこの叙述に照らして見てみると、驚くほどの並行関係が見てとれる。第1楽章の序奏は変化に富み、アレグロでは第1主題は低弦によって提示され、その後楽想は劇的な表現を展開していく。第2楽章は、ベートーヴェンが書いた交響曲の緩徐楽章のなかでもっとも美しく、ほとんどシューベルトやメンデルスゾーンの歌うような器楽の旋律を思わせる。第3楽章のスケルツォはその名の通り、フォルテとピアノのコントラストを自在に変化させたウィットにあふれている。フィナーレの独創的な始まりは、当時の人たちを驚かせたであろう。ベートーヴェンはこのズルツァーの著作を知っており、当時としては新しい音楽思潮が彼の交響曲創作の原点にあったことはほぼ間違いない。
                     興味深いのはベートーヴェンの交響曲についての時代の人たちの評価だ。作品の大胆さに戸惑いを隠せなかったことが、交響曲第2番に関する当時の批評にもはっきりとうかがえる。
                    「演奏会はベートーヴェンのニ長調の大交響曲で始まった。これは新しく独創的な楽想に満ち、力強く効果的な楽器法と学識ある彫琢を備えた作品であるが、しかし若干の箇所を短縮し、多くのあまりに風変わりな転調を犠牲にすれば、良くなることは疑いない。」(1804年一般音楽新聞 寺本まりこ訳)
                     「ベートーヴェンの最新作の交響曲(ニ長調)は、そのたいへんな難しさにもかかわらず、曲を完全に味わうことができるように二回も演奏された。・・・全体が長すぎ、若干の部分は凝りすぎである」(1805年一般音楽新聞 寺本まりこ訳)
                     初演から200年以上が経ち、「古典」として不動の地位にあるベートーヴェンの交響曲が持っていた「前衛的な新しさ」をもう一度見直すのも面白いだろう。



                     


                    la fontaine * エッセイ * 08:37 * comments(0) * trackbacks(0)

                    回想 仙台七夕2011

                    0
                      JUGEMテーマ:日記・一般

                      日記をアップするのが遅くなりましたが、
                      今年も仙台七夕まつりが開催されました。
                      一時は開催が危ぶまれましたが、
                      無事開催されました。

                      8月5日(金)に恒例の前夜祭の花火大会が西公園で開催されました。
                       

                      花火の上がる方向を望む。



                      上がりました。実際はもっときれいです。






                      七夕飾りの施された早朝のアーケードです。まだ人もまばら。



                      昼ごろの様子。先ほどのアーケードとは違います。



                      願いを込めた多くの短冊も張り出されました。

                      例年は人混みを避けて七夕期間中は、アーケードを通らないのですが
                      今年はちょっと気になったので行ってみました。
                      すごい人出でした。例年と変わらない様子。
                      これが復興へのきっかけになってくれれば良いですね。

                      la fontaine * エッセイ * 16:36 * comments(0) * trackbacks(0)
                      このページの先頭へ