<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 石賀直之さんの切り絵 | main | アマデウス室内管弦楽団(郡山市)演奏会 >>

ニコラウス・アーノンクール・メモリアム In memoriam Nikolaus Harnoncourt

0
    久しぶりのブログがこの悲しい内容になるとは。ニコラウス・アーノンクールが亡くなって1ヵ月余り。昨年12月の引退宣言からわずか3ヶ月。その訃報はあまりにも突然だった。今月4月16日、私は黒い喪旗が掲げられウィーンのムジークフェラインを訪れた。午前11時から大ホールで催されたIn Memoriam Nikolaus Harnoncourtに列席するためだ。故人を偲ぶと同時に、個人的に面識を得、著書「音楽は対話である」の翻訳を通じて、またアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団とのリハーサルやウィーン、チューリッヒなどの演奏会やオペラを訪れることによって、豊かな音楽の本質を学びとる機会に恵まれた。哀悼と感謝。弔辞を述べた誰もが、その思いに共鳴していた、満席のムジークフェライン大ホールが、いかにアーノンクールがこの街とホールと深く関わっていたかを物語っている。そして私個人も。
    アーノンクールの業績と私が接することができた彼の横顔については、詳しく発表する機会があると思う。

    ムジークフェライン(ウィーン楽友協会)
    アーノンクールはここの名誉会員



    la fontaine * アーノンクール * 19:07 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ