<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< クリストファー・ホグウッド逝く | main | 追想:魚旬とれとれ 京都の粋な店  >>

マーラー 交響曲4番を指揮する

0
    JUGEMテーマ:音楽

    去る10月4日(土)、新潟室内合奏団の定期演奏会に客演しました。
    このオーケストラには2002年11月のコンサート以来15回客演しました。とても音楽的で、いいオーケストラです。しかもメンバーが音楽を心から楽しんで演奏する姿が素敵です。
    定期的に客演することで、オーケストラの個性もわかり、演奏する作品の組み合わせや、管打楽器のローテーションも考えながらプログラムを組んできました。多様な作風の音楽を演奏する喜びを共有できたのではないか、と思っています。
    そして今年はオーケストラ創立30周年の記念の年ということもあり、メインは管楽器が全員舞台に上がれる作品を選びました。マーラーの交響曲4番!本来は大編成のオーケストラの作品ですが、トロンボーン、チューバが使われておらず、書法も室内楽的なため、新潟室内合奏団でも演奏可能と判断しました。

    そしてもう一つ忘れてはならないのは、ソリストにデボラ・ヨークさん迎えられたこと。2011年の初共演以来、このオーケストラとの相性がとても良く、今回二度目の共演が実現しました。マーラーを選んだもう一つの理由でもあります。

    彼女の美しい声でとともにマーラーの4楽章が静かに終わり、会場に静寂が訪れた瞬間。誰もがこの上ない喜びと幸せを感じたのでした。













    リハーサル風景とコンサート終演後デボラ・ヨークさんと
    la fontaine * クラシック音楽 * 11:56 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ