<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ドイツ旅行記 2 | main | ドイツ旅行記4 ライプツィヒ(1) >>

ドイツ旅行記3

0
    JUGEMテーマ:旅行

    2014年1月17日
    アイゼナハは街自体はそれほど大きくはなく、一日でも回れるのですが、
    せっかくバッハの生まれた町に来たので、1泊しました。
    ほんとうに夜は静かで、落ち着いた街でした。
    さて翌朝、ワーグナーの「タンホイザー」でも有名なワルトブルク城に行きました。
    ライプツィヒには夕方までに行けば良いので、半日以上時間があります。
    ホテルから歩いて城まで上ることにしました。


    途中には多くのヴィラ(お屋敷)が建っていました。


    街が小さく見えました。プチ山登り。
    けっこういいトレーニングになります。
    夏は自然に恵まれ、トレッキングも盛んのようです。


    ワルトブルク城に到着。麓から45分弱でした。


    眼下に見えるアイゼナハの街。


    城の内部、有名な歌合戦の間はガイド付きのツアーでのみ
    見学できます。撮影出来なかったのが残念です。
    城は何世紀にもわたって増改築されていて、その様子は
    建築様式の違いからもはっきり判ります。
    そしてもう一つ印象的だったのは、東西ドイツ統一後に
    修復されたと思われる箇所が、随所に見られたことです。
    (それはこの後のライプツィヒにも言えますが)


    さて、城を見学し次の目的地、ロイター=ワーグナー博物館
    に向かう頃、晴天に。下り坂を徒歩で歩きながら振り返ると
    ワルトブルク城が見えました。


    アイゼナハは、ワーグナー所縁の地でもあります。
    ふもとにある旧ロイター邸がワーグナー博物館になっているので
    楽しみにしていたのですが、なんと2月まで休館とのこと。
    バイロイト以外ではもっとももっとも資料の集まった
    博物館ということで、楽しみにしていたのですが。

    この後アイゼナハを発ち、ライプツィヒへ。
    la fontaine * エッセイ * 15:45 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ