<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ウィーン滞在記5月11日〜5月20日 | main | Concert in Plovdiv Masayuki Honda conducts 'Sheherazade' by Rimsky=Korsakov プロヴディヴ・フィル演奏会 >>

ブルガリア訪問記(1)

0
    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:旅行

    私が旅行でブルガリアに行ったのは1986年、今から26年前の夏。初めての訪問でした。
    ソフィアやプロウディブなどを観光しました。当時はまだ社会主義国家の時代で、あまり
    自由な雰囲気はありませんでした。それでも隣国ルーマニアにくらべれば、まだマシと思いました。
    (当時社会主義国家のなかではハンガリーが進んでいました)。

    さて今回はプロウディブ市の国立オペラのオーケストラと5月23日共演することになり訪れました。
    街は観光客も多く、お店では英語も通じるようになり、時代の変化を感じました。

    プロウディブ・フィルハーモニー
    プロウディブ・フィルの本拠地


    演奏会のポスター シンフォニー・コンサート で私の名前がキリル文字表記されています。
    プログラムは
    バーバー:序曲「悪口学校」(The school for scandal)
    ハイドン:交響曲第92番「オックスフォード」
    リムスキー=コルサコフ:「シェヘラザード」


    リハーサルの休憩中に

    2日のリハーサルとゲネ・プロで良い演奏ができ、コンサートは大成功。聴衆からもオケからも
    祝福されほんとうにうれしかったです。もちろん自分としては課題も見えてきて、今後の
    さらなるステップアップにつなげたいと思いました。

    la fontaine * クラシック音楽 * 08:47 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ