<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 私の身軽に海外旅行術! 荷物これだけです。 | main | 命日 >>

2010年5月ウィーン旅行記 ハイリゲンシュタットにベートーヴェンの散歩道を訪ねる

0
    JUGEMテーマ:旅行
     
    5月10日ウィーンは晴天でした。
    久々に郊外のハイリゲンシュタットにあるベートーヴェンの散歩道を訪ねてみました。

    ウィーンの中心部、リングからトラムに乗って行くのが一番のお薦めです。



    トラムD線で終点のBeethovengangまで乗ります。一日乗り放題のチケットがあると便利です。
    リングからは約30分。当時は半日かかったそうです。


    トラムから降りて少し行くと、ベート―ヴェンの散歩道への標識があります。



    現在は遊歩道として整備されています。ウィーンの街中とは違い、空気が澄んでいてとても
    気持ちが良かったです。



    小川がありましたが、ベートーヴェンの「田園」にあるのはこんな小さな小川だったのでしょうか?



    塔中まで行くとベートーヴェンの記念碑が建っていました。



    遊歩道を外れて住宅街のなかを山に登っていくと、ウィーンの街が見張らせる所があります。



    肉眼でははっきり見えたのですが、遠くにシュテファン教会があります。その手前にあるのは
    建築家フィンデルトヴァッサーの設計による焼却場です。

    この日は夕方から突然の雷雨でヒョウが降りました。本当にラッキーな半日でした。

    以前の日記にも書きましたが、夜はダイニエレ・ガッティ指揮ウィーン・フィルの定期演奏会を
    ムジーク・フェラインで聴きました。考えてみると何度も行ったムジーク・フェラインですが、
    ウィーン・フィルの定期演奏会を聴いたのは初めてでした。
    プログラムはシューマンの『マンフレッド』序曲とマーラーの交響曲第5番。休憩なしで演奏されました。
    非常に整った演奏ではありましたが、可もなく不可もなく。全く面白みに欠ける演奏でした。

    la fontaine * エッセイ * 21:04 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ