<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブックレビュー 「正倉院ガラスは何を語るか」 | main | ニコラウス・アーノンクール 生誕80年 ハイドン「月の世界」を観る >>

チューリッヒ歌劇場 「影のない女」「オルランド」「コジ・ファン・トゥッテ」

0
    二日間で3演目を観ました。

    12月19日(土)18:30  
    リヒャルト・シュトラウス「影のない女」(1919年)
    指揮:フランツ・ウェルザー=メスト
    演出:デイヴィッド・パウントニー

    影のない女

    ミラノからの列車が遅れたため、チューリッヒに着いた早々着替えてオペラに行きました。

    「影のない女」を舞台で見たのは今回が初めてでした。このオペラはドイツ語圏のオペラハウスでも、上演されることは多くありません。今回の上演は、今年12月にプレミエを迎えたばかりの新演出で、演出がパウントニー、指揮がウェルザー=メストでした。

    パウントニーの演出は、バラクの家が崩壊した後の第3幕の作り方に特徴がありました。妃がバラクとその妻の愛に心を動かされ、影を得ることをあきらめると、いうことを衣装をそれまでのものから抽象的なものに変え、最後は全員現代の私服になって登場するという視覚的変化によって表わしていました。

    歌手の出来にはバラツキがあったものの、複雑なシュトラウスのスコアから、雄弁な音楽を引き出した指揮のウェルザー=メストの手腕は素晴らしかったです。


    12月20日(日)13:30
    ヘンデル「オルランド」(1733年)
    指揮:ウィリアム・クリスティ
    演出:ジャン・ダニエル・ヘルツォーク

    オルランド

    オルランドはもともとカストラートの役、今回は、カウンター=テナーで歌われました。演劇的には女性が演じるよりも男性の方がより説得力があると思います。主役に抜擢されたデイヴィッド・QD・リーは若い韓国系カナダ人。最近のめざましい活躍が注目されている歌手です。長身で体格に恵まれ、舞台での存在感はオルランドにぴったり。声は低い方の音域が地声になってしまうものの、狂乱した演技は抜群。またコロラトゥーラの速いパッセージも見事に歌いこなし、これからが期待されると思いました。そのほか歌手陣は、非常にレベルが高く、とくにアンジェリカを歌った、マルティナ・ヤンコーヴァ、ゾロアストロを歌ったコンスタンティン・ウォルフが印象に残りました。

    ヘルツォークの演出は、時代を第1次大戦前の精神病院に移しかえ、ゾロアストロは精神科の医師、ドリンダが看護婦という設定になっていました。

    クリスティの指揮は短調のアリアの抒情的な表現が良かったと思います。ただ、狂気のオルランドの劇的な表現については、物足りなさを感じました。オーケストラはチューリッヒ歌劇場の古楽器オーケストラ「ラ・シンティッラ」。



    12月20日(日)19:30
    モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」(1790年)
    指揮:マンフレート・ホーネク(病気のウェルザー=メストの代わって急きょ代役)
    演出:スヴェン=エリック・ベヒトルフ

    コジ

    前の晩に「影のない女」で素晴らしい演奏を聴かせたウェルザー=メストが、風邪をこじらせ高熱を出したためキャンセル。
    かわってウィーンからホーネクが呼ばれました。
    開演前の説明によれば、日曜日の朝にヨーロッパ中電話を掛けまくったそうです。たしかに歌手がキャンセルするのはヨーロッパではよくあることですが、指揮者が直前にキャンセルすることはめったにありません。おそらく二日後の「影のない女」のことを考えあわせてのキャンセルではないかと思います。

    ホーネクのテンポは非常に速く、良く歌手が付いてきたなと思うところもしばしばありました。急に指揮者が代わっても、声楽アンサンブルが崩れなかったのは見事!なかでもフィオディリージを歌ったマリン・ハルテリウスが演技・歌ともに光っていました。



    la fontaine * オペラ * 01:25 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ