<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< そしてミラノ  ヨーナス・カウフマンを聴く | main | ニコラウス・アーノンクール 生誕80歳記念コンサートを聴く >>

ミラノからチューリッヒへ

0
    念願のカウフマンを聴いてミラノを後にしました。ミラノでは、仙台で「魔笛」のパミーナを歌った大山とも会ったのですが、残念ながら大山さんはチケットが買えず、一緒に聴くことができませんでした。

    さて翌日19日。ミラノ中央駅からチューリッヒ行きの列車に乗ろうとしましたが・・・・案の定遅延!それもはじめは10分というアナウンスでしたが、結局約1時間の遅れ!
    多分そんな事だろう、と思っていたので驚きませんでした。

    今回この旅程を列車にした理由は、車窓からの景色を堪能できるからです。


    イタリアからスイスに入ってからの景色。晴れていてとても綺麗でした。




    チューリッヒに近づくにつれて、天気は雪に
    チューリッヒについて宿にチェックイン、そして着替えてオペラハウスへ。演目はリヒャルト・シュトラウスの「影のない女」。詳しくは後日の日記で。
    la fontaine * エッセイ * 20:31 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ