<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ベルリン・フィル デジタル・コンサート・ホール Digital Concert Hall of the Berlin Philharmonic Orchestra | main | 講座終了 >>

ハイドン・イヤー2009  Haydn Year2009

0
    今年2009年は、ハイドン、メンデルスゾーン、ヘンデルなど歴史に名を残した作曲家のメモリアル・イヤーにあたります。などです。その一人ハイドンについて、土曜日(1月10日)の宮城学院生涯学習講座で取り上げました。
    ハイドンというと、交響曲や室内楽が有名ですが、ほぼすべてのジャンルに数多くのクオリティーのある作品を残しています。そこで講座では各ジャンルから1曲をピックアップして紹介しました。
    とくにミサ曲はオペラとならんで20世紀の終わりになって再評価されるようになったジャンルです。日本ではまだあまり演奏される機会がありませんが、非常にすぐれた作品が残っています。
    「戦時のミサ」から有名な「アニュス・デイ」を聴きました。CDは
    ガーディナーが録音したハイドンのミサ曲のシリーズ。何といってもクリアで透明感のある合唱(モンテヴェルディ合唱団)が素晴らしく、ハイドンのミサ曲のもつ造形美を納得いくかたちで聞かせてくれます。
    ハイドン:戦時のミサ(パウケン・ミサ)
    ガーディナー(ジョン・エリオット),ハイドン,イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
    The year 2009 is a anniversary year for great composers like Handel, Haydn or Mendelssohn=Baltholdy.
    In the lecture on last Saturday in Miyagigakuin I talked about the music of Haydn.
    Haydn is well known with his symphonies and chamber music, but his masses and stage works(opera) have also high qualities.
    I introduced "Agnus Dei" from his "Paukenmesse". I choose the recording by John Eliot Gardiner and English Baroque Soloists and Monteverdi Choir. The Monteverdi Choir plays transparent and beautiful and we will recognise in this recording the heritage of haydn's Masses.
    la fontaine * CD/DVDレビュー * 10:49 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ