<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 台湾の旅:墾丁   Travel to Taiwan:Kenting | main | 今日は新潟でリハーサル Visit to Niigat for a rehersal >>

Barbara Hendricks Recital バーバラ・ヘンドリクス 演奏会

0
    ラ・フォル・ジュルネ
    熱狂の日 音楽祭
    バーバラ・ヘンドリックス
    シューベルト歌曲

    バーバラ・ヘンドリックスの歌でシューベルトの歌曲を聴きました。
    演奏会場のホールB5は座席が250に設定されていて、リートを聴くのには理想的な広さです。
    ヘンドリックスの歌は時にドイツ語のアーティキュレーションが
    ハッキリしないところがあったものの、歌唱という点ではすばらし
    く声も魅力的でした。圧巻は「糸を紡ぐグレートヒェン」で、
    2節目の終わり "und ach, sein Kuß!" の感情表現や、3節目の
    "Meine Ruh ist hin,"のピアニッシモでの歌い方などは、音量は
    小さいにもかかわらず、声は安定していて、表現的にはむしろ
    強くなっているのはさすが。
    そして4節目、最後の"Meine Ruh ist hin,"では "hin"(消え去る)
    を、それまでとは違って強調して歌うことで、もう帰ってこない
    ことを表現していました。

    In the 'La folle jpurnee au Japon" Barbara Hendricks gave
    her 'Liederabend' with songs by Schubert.
    It is very important to listen songs by Schubert in a small
    hall, so that we can imagine the atmospher of "Schubertiade" with his friends in Vienna in 19th century..
    In this sense it was ideal to have at the Hall B5 in the
    Forum, because the Hall was seted up about 250 seats.

    Sometimes Hendricks' German was not enough clear,
    especially "Der Musensohn".
    But inspite of that Hendricks' singing is based on her
    perfect trained vocal technique. Even in pianissimo phrasese she can sing without any influence on intonation and on musical expressions. Remarkable was "Gretchen am Spinrad" .
    She sang "und ach, sein Kuß!" with full of emotion,
    and the following third refrain 'Meine Ruh' was performed
    with excllent pianissimo. The last and fourth strophe 'Meine Ruh is hin' was emphasized with an expressive accent on the word 'hin'(go away),
    so everybody understood that Gretchen's hope has gone away.


    May 4th 20:15-21:00
    Tokyo
    La folle jpurnee au Japon 2008


    la fontaine * クラシック音楽 * 23:06 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ