<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 札幌に雪は〜? | main | DVD チューリッヒ歌劇場 《セヴィリアの理髪師》の裏側 >>

ハードな一日

0
    日曜日は移動がハードな1日でした。
    朝6時30分に起床。6時50分に札幌のホテルを出て、新千歳空港へ。
    8時55分発仙台行きの飛行機に乗って、10時に仙台空港着。
    そのまま車で仙台市内移動しました。この移動には稲荷タクシーの
    エアポートサービスが便利でした。ちょうど私が到着する時刻には
    仙台空港線がなく、30分ほど待たなければならない状況でした。
    普段ならば、電車を待ってもかまわなかったのですが、今日は
    午後から郡山でワークショップがあるために、移動する必要がありました。
    その途中の出来事でした。仙台市の中心部で車が向かう途中で虹が見れました。それも車が進む道のちょうどまんなかに見えました。
    なんだか虹に向かって進んでいるようで、とても良い気分でした。


    ↑画像では薄いですが実際にはもう少し鮮やかでした。

    さて郡山では、今日で3回目になるオペラ・ワークショップ。
    参加者が少なかったのが残念です。市民文化センターで大きな催し
    物があるからだということでした。
    ワークショップでは、20世紀のオペラ、プッチーニと「トスカ」
    についての話と、リヒャルト・シュトラウスのオペラの話、それに
    1920年代にヨーロッパで活躍していたシュレーカーやコルンゴルト、
    それにヤナーチェクのオペラについて話をしました。

    シュレーカー:歌劇《烙印を押された人々》
    シュレーカー:歌劇《烙印を押された人々》


    コルンゴルト:歌劇「死の都」
    詳細は別記事でアップの予定。
    la fontaine * エッセイ * 22:24 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ