<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「粋な遊び」〜モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」序曲  | main | 最近の活動から >>

歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』 三人の女性歌手の声質について

0
    現代の声楽では、女声は

    ソプラノ、
    メゾ・ソプラノ、
    アルト、
    場合によっては、
    コントラルト

    と、声域(音域)によって細かい区分がある。

    さらに声の性質によって、

    コロラトゥーラ・ソプラノ、
    ドラマティック・ソプラノ、
    リリック・ソプラノ、
    リリックドラマティック・ソプラノ

    などに分けられることもある。

    しかし、こうした区分はモーツァルトの時代にはなく、女声を表す
    言葉はソプラノしかなかった。
    たとえば、『コジ・ファン・トゥッテ』の配役でも、モーツァルトは
    女性三人をソプラノとしか書き記していない。
    この三人がどのような歌手によって歌われるのが良いか?

    以前は、フィオルディリージを、リリック・ソプラノ、ドラベラを
    アルト、またはメゾ・ソプラノ、デスピーナを軽い声のソプラノ
    が歌うことが多かった。しかしこの配役は次第に見直される傾向に
    ある。とくにデスピーナがそうだ。私が1980年代にチューリッヒで
    アーノンクールが指揮する『コジ』を観た時、デスピーナはメゾ・
    ソプラノのユリア・ハマリが歌っていた。

    公演が終わってアーノンクールにそのことを聞いたら、「初演の
    デスピーナを歌ったブッサーニは『フィガロ』でケルビーノを
    歌った歌手だから」という答えが返ってきた。1980年代には、そう
    した史実に基づいて配役を決める指揮者はほとんど皆無だったから
    かなり驚いた。しかしデスピーナがソプラノの軽い声ではなくメゾ・
    ソプラノであることで、純情な小娘役ではなく、世の中の裏表を
    知っているしたたかな女中役という設定が実感できた。

    ところで女性でもう一人、声質と役柄が一致しないのが
    フィオルディリージだ。アーノンクールはかねてから「姉である
    フィオルディリージのほうが、妹であるドラベラより高い声
    (軽い)の歌手が歌うのは自然ではない」と言っていた。しかし、
    フィオルデリージを歌えるメゾ・ソプラノがそうそういるわけでは
    ない。
    ところが、2000年のチューリッヒ歌劇場でアーノンクールが指揮し
    て上演した『コジ』は、女性三役がそろってメゾ・ソプラノという
    珍しい配役。しかもバルトリがフィオルディリージ、アグネス・
    バルツァがデスピーナを歌っていた。DVDでその舞台を見たが、
    これまでの『コジ』にはない女性三役がとてもおもしろかった。
    それにしてもバルトリは凄い!これで彼女は『コジ』に出てくる
    女性役はみな歌えるのだから。




    la fontaine * モーツァルト * 23:55 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ