<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あと一ヶ月〜アーノンクール来日によせて | main | アバドの公開ゲネプロを聞く >>

DVD マーラー:交響曲第7番 アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団

0
    マーラー:交響曲第7番ホ短調《夜の歌》
    マーラー:交響曲第7番ホ短調《夜の歌》

    来日直前のアバド&ルツェルン祝祭管弦楽団の新しいDVDを観た。
    曲はマーラーの交響曲第7番。昨年夏のルツェルンでのライブ収録だ。
    以前にも投稿したが、このオーケストラはアバドのイニシアティブで
    組織されたオーケストラだ。特徴は、各セクションにそれぞれの分野で
    活躍するスペシャリストが多く参加していること。弦楽器には
    元ベルリンフィルのコンサート・マスターのブラッハー、
    ハーゲン四重奏団、アルバン・ベルク四重奏団のメンバー、
    チェロのナタリー・グートマン、オーボエのアルブレヒツ・マイヤー、
    クラリネットのザビーネ・マイヤー、マーラー室内管弦楽団ect.
    いずれもアバドを慕う音楽家たちだ。

    もしかするとアバドのマーラーには、マーラーらしくないという人も
    いるかもしれない。しかしそもそも「・・・らしい」というのも時代により
    地域により変化するものだから、絶対的なものではないと思う。
    彼の演奏は、マーラーのスコアを徹底的に研究し、各声部のテクスチュアを
    明瞭に描き出す。

    実はこのDVDは買う予定はなかった。たまたま別のCDを買いに立ち寄った
    CD店で、プロモーション映像が流れているのを見て思わず買っしまった。
    なによりもアバドの指揮姿に活力が戻ってきたのがハッキリとわかる。
    全体をとおして、みずみずしい音楽作りと推進力に引き込まれ、
    深夜にもかかわらず、一気に観てしまった。

    来日公演の日は用事があって行かれないので買ったのだが、
    DVDを観てかえって行けないことの残念さも増してしまった(苦笑)。
    la fontaine * CD/DVDレビュー * 10:35 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ