<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 経済と文化 | main | デザイン変更しました >>

講座の準備進行中 モーツァルト

0
    17日から仙台の宮城学院生涯学習センターでモーツァルトについての講座を
    持つことになっている。このことについてはすでにこのブログでも紹介した 
    毎週土曜日に前期と後期あわせて15回の日程だ。最終日は偶然にも来年の
    1月27日、そうモーツァルトの誕生日にあたる。
    今年はモーツァルト生誕250年であるから、それにちなんで講座のテーマを決めた。
    ただ内容をどうするかはずいぶん考えた。というのもモーツァルトには多くの
    文献や書物、音響資料があるからだ。それだけに、私にはどういう話ができるか?
    受講生にどのようにモーツァルトの音楽をより親しんでもらえるか?
    さいわいモーツァルトには書簡が沢山残されている。そこで手紙を読み、そこから
    彼の人間性や音楽について読み解いていこうという形式にした。
    では講座の各回はどのような内容になるのだろうか。その概要は以下のように
    予定している。

    2006年度 宮城学院女子大学 生涯学習講座
    モーツァルト 手紙から読み解く天才の軌跡と音楽
    担当:本多優之

    前 期
    「手紙をめぐる人間模様」
    第1回 序章 モーツァルトの手紙について 
    第2回 モーツァルトの家族機”礇譽ポルト
    第3回 モーツァルトの家族供(譽▲鵐福Ε泪螢△隼丱淵鵐優
    第4回 モーツァルトと女性たち機.戞璽坤譟▲▲蹈ぅ献磧Ε凜А璽弌次‖
    第5回 モーツァルトと女性たち 妻コンスタンツェ
    第6回 モーツァルトのパトロン・先輩・友人 

    後 期
    「モーツァルト所縁の都市」
    第7回 故郷 ザルツブルク
    第8回 ミュンヘン
    第9回 アウグスブルクとマンハイム
    第10回 音楽の世界市場 ロンドン
    第11回 花の都 パリ
    第12回 音楽の先進国 イタリア
    第13回 ヴィーン機
    第14回 ヴィーン供Ε廛薀蓮
    第15回 終章

    前期はモーツァルト関わりのあった「人間」に、後期は「都市」に焦点をあてながら
    関連する手紙を読み、その情況や音楽をさぐっていこうと思う。
    来週に迫った初講日に向け準備を進める毎日だ。

    宮城学院生涯学習センター
    la fontaine * モーツァルト * 01:01 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ