<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 熱狂の日 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン | main | @という間の15000 >>

これでネッ得!古書検索

0
    古書店めぐりは私の楽しみの一つである。ぶらっと立ち寄った店で素敵な
    本に遭遇するのはわくわくと楽しい。しかし、偶然にばかりは頼っていられない。
    時にどうしても読まなければならない本がある。ところが私の専門分野の音楽書は
    一般書に比べ高い。たまに買うなら良いが、どうしても何冊も読む必要がある場合、
    図書館を利用するか、必要度の高い物は購入する。
    そういう時私は積極的に古書店を利用する。ただ絶版だったりすると「思わぬ高値」が
    ついていたりする。
    以前は神田や早稲田の古本屋街を探し回ったりもしたが、最近はインターネットで
    検索し、あれば注文することができる。まさにインターネット時代の恩恵を被っている。

    今日はそうしてインターネットによる古書検索を紹介してみたい。

    日本の古本屋
    古書検索、古書店検索ができる。本を買う場合は会員登録が必要となる。
    ここは全国の古書店が集まって出品しているネットの「古書店街」といえる。
    検索ツールで、どの本がどの本屋にいくらであるか、がわかる。
    同じタイトルでも、本の状態などによって値段が異なっている。
    購入手続き後は個々の書店との取引となる。

    eBOOKOFF
    言わずと知れたチェーン店BOOKOFFの通販サイトである。
    ここも購入するには登録が必要だ。専門書は少ないが、文庫、新書などで
    ちょっと読みたいものはここで買う。このサイトの良いところは、絶版に
    なって古書店では値段が上がっているものでも、定価の半額くらいで買えることだ。
    つい最近も新書で絶版になっているものを、ここで「仕入れた」!

    本を愛する人の総合サイト・スーパー源氏
    このサイトはまだ閲覧だけで、実際には購入したことがない。
    日本で初めて古書ネット通販「スーパー源氏」をスタートさせた有限会社・紫式部が
    運営しているサイト。「データベースによる古書の検索をはじめ、本にまつわる
    様々なサービスや情報を提供するサイト」で、海外の古書検索サイトもリンクされている。

    アマゾンamazon.co.jp
    古書店ではないが、アマゾンにはマーケットプレイスがあり、
    そこに個人やショップにより出品されていることがある。

    はじめに買わずに公共の図書館で内容を確かめてから買うこともある。
    その場合、私がもっとも利用するのが文京区立図書館である。

    文京区立図書館
    この図書館の大きな特徴は、文京区に在住・在勤していなくても身分証明書を
    提示すれば登録が可能であることだ。なにしろ本は30冊、CDは10枚まで
    借りられるという大きなメリットがある!貸し出し期間は二週間だが、次の
    予約がなければ、さらに二週間の延長が一回できる。つまり一ヶ月借りられるのだ。
    通常、公共の図書館は、本が5〜6冊、CDは3枚というところがほとんどで、
    文京区のようなところを私は他に知らない。しかもあらかじめ資料検索で予約もできる。
    ここに行く時は大きなバッグをもって行くのが私の常である。
    la fontaine * エッセイ * 17:17 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ