<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 4月のアクセス  | main | ルツェルン音楽祭2006、アッバードについて (2006年来日情報追加) >>

ローマのバス

0
    東京の電車に乗るとその混雑ぶりもさることながら、
    降りるのの難しさに困惑する。
    駅に着いても、前の人が降りるかどうか分からないから
    必然的に押し押されてしまう。

    ふと、ローマを旅した時のことを思い出した。
    ローマはバスが市内を縦横に走っていて、地下鉄より便利である。
    それに町の風景を見ながら走れるから楽しい。
    だが同時にバスはローマ市民の足でもある。朝夕はかなり混雑する。
    そのバスの降車時にはある原則がある。

    車内で混雑している時、自分が降りる停留所(Fermata)に
    着く前には必ず、前に立っている乗客に

    Scusi, (Lei) scendere?
    (すいません、次に(あなたは)降りますか?)
    と聞くことになっている。

    相手が
      Si(ハイ)
    ならばそのままその人の後ろについて降りる。
    だが
      No(いいえ)
    の場合には
      Permesso(失礼します)
    と言ってその人と場所を交換する。

    その前にも人がいたら、また同じことを聞く。
    そのほんの一言が生活の知恵なのか。

    郷に入っては郷に従え。
    When in Rome, do as the Romans do!
    (ローマに入ったらローマ人のするようにせよ!)
    ことわざを実践した旅の思い出である。

    それにしても・・・・
    東京ではなぜみんな降りる時に黙っているのだろうか?
    la fontaine * エッセイ * 20:35 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ