<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「音楽の友」2006年1月号 | main | フランツ・シュレーカー 忘れられた作曲家 >>

さぽーとさっぽろ 親子クリスマスコンサート

0


    さぽーとさっぽろ 親子クリスマスコンサート2005

    財団法人札幌市中小企業共済センター(さぽーとさっぽろ)が主催する
    親子で音楽が楽しめるコンサート。札幌シンフォニエッタと私の演奏で
    催され今年で6回目。初回より好評で例年多くの親子が訪れる。

    今年のプログラムは:

    アンダーソン:そりすべり
    プロコフィエフ:ピーターと狼
    クリスマスソング:ジングルベル
    〈指揮に挑戦〉オッフェンバック「天国と地獄」序曲より
    スペイン民謡:幸せなら手をたたこう
    J.ウィリアムズ:スターウォーズのテーマ
    アンコール:ドラえもん


    昨年までは私が指揮とお話をしていたが、
    今回は司会と語りを吉田美弥さんにお願いした。
    というのも今年は音楽会の構成・選曲に特色があったからだ
    それはプロコフィエフの「ピーターと狼」。
    こどもにとっては具体性があってよいと思う。
    大変によく出来た作品だ。
    しかし実は演奏者にとっては部分的に意外に難しい。
    フルートは高い音と速いパッセージが多いし、
    クラリネットにも演奏しづらい音型がでてくるし、
    ホルンも3本で低い音でのハーモニーが難しい。
    転調も、前の調と次ぎの調のが3度調圏内だったりする。
    3回の練習しかなかったが、オーケストラは非常に健闘した。
    (なにしろオーケストラは今年5回の違ったプログラムによる
    本番をこなし、そのうち4回が私との共演だった)。

    指揮に挑戦は、会場の聴衆から希望者を募り、
    オーケストラを指揮してもらうコーナー。
    これは毎年の目玉である。会場にぬいぐるみの動物が何匹か
    登場して、やりたい人を舞台へ連れてくる趣向に。
    これには子供が、大喜び。ぬいぐるみについて来てしまった子ども
    もいて、今年は子ども8人、大人2人が指揮台に上った。
    子どもは、はじめは振り方が分からないが、
    やっていくうちに調子が出て、テンポを変えることを
    したり・・・で会場は笑いと和やかな雰囲気に包まれた。

    スターウォーズの前にはダースヴェーダーも登場するなど
    子供の視覚に訴えた。

    そして最後に、私がサンタの衣装を着て、アンコールのドラえもんを指揮。
    盛会のうちに幕をとじることができた。

    子供のころから生演奏の音楽に親しむというのは、とても大切だ。
    しかし反面、小さな子供と親が一緒に聴けるクラシック音楽の演奏会は
    そう多くないだろう。
    まして普通のクラシック演奏会は、未就学児童の入場が出来ない場合が
    ほとんどだ。
    このコンサートでは、静かに聴くということは強制していない。
    そうした環境のなかから、いつしか音楽に慣れ親しみ、音楽が好きに
    なってくれる子どもが育ってくれればよいし、また親子で聴きに行く
    環境ができればうれしいことだ。
    そうした意味で、このコンサートの持つ意義は大きいと思う。
    la fontaine * クラシック音楽 * 22:44 * comments(2) * -

    コメント

    hiromiさん

    >一緒に歌う曲(ジングルベルとドラえもん)が速くて
    >ついていけない感じだったのでちょっと残念でした。
    >テンポを落とすか、ステージからマイクを使って
    >誰かが歌ってくれたらいいかなと思いました。
    >その点「幸せなら手をたたこう」は体も動かせて楽し>めました!

    そうですね。歌を一緒に歌ってくれる人がいれば
    よかったですね。
    これについては、今後の課題として工夫をしてみたいです。

    それにしても今年はよく札幌へ通いました。
    おまけに最後は2回も余計に飛んでしまって。
    1年にこんなに多く共演することはもう余りない
    かもしれません。
    とても充実した1年でした。
    Comment by La fontaine @ 2005/12/27 11:04 PM
    サンタさん、今年もクリスマスコンサート、お疲れ様でした!会場で楽しく参加させていただきました。指揮者では、3歳の男の子が秀逸でしたね!自分の名前も言えないのに棒を持つなり素晴らしいテンポ感とリズム感!将来、大物になるかも!?

    一緒に歌う曲(ジングルベルとドラえもん)が速くてついていけない感じだったのでちょっと残念でした。テンポを落とすか、ステージからマイクを使って誰かが歌ってくれたらいいかなと思いました。その点「幸せなら手をたたこう」は体も動かせて楽しめました!

    近くの子供やお母さんたちの反応では、「天国と地獄」と「スターウォーズ」が大好評でした。「天国と地獄」では子供たちがノリノリで踊っていましたよ〜!

    また来年も、楽しみにしています!今年は本当に何度も札幌に来てくださってありがとうございました。お疲れ様でした!よいお年をお迎えください。
    Comment by hiromi @ 2005/12/27 10:24 PM
    コメントする









    このページの先頭へ