<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ソロモン・グッゲンハイム美術館 NY

0
    10月ニューヨークの現代美術で有名なソロモン・グッゲンハイム美術館を訪ねました。
    昨年ニューヨークに旅行した際には行かれず、今回が初めての訪問。建築としても非常に興味深い形をしています。

    現在螺旋回廊が修復中で、限定開館のため入場料は通常$25のところ$15。カンディンスキーやピカソなどが間近に見られて、写真もOK。満足のいく訪問になりました。













    (2018年10月3日訪問)
    la fontaine * エッセイ * 21:21 * comments(0) * trackbacks(0)

    サンフランシスコ

    0
      9月の終わりに2泊3日でサンフランシスコを訪れました。そもそもアメリカ合衆国を旅行するのはこれが2回目。サンフランシスコは初訪問でした。
      この街には、オペラハウスやシンフォニーオーケストラもありますが、今回は純粋な観光でした。


      アメリカはダイナミック。エビとアボカドのサラダ、これで一人前。


      フェリービルディング前の広場で


      街を望める部屋に泊まりました


      サンフランシスコ名物ケーブルカー
      路面電車なんです。坂道を登りおりするスピードが速くてビックリ??

      サンフランシスコの街全体は、ニューヨークと比べてゆったりとした落ち着きがあり、天気も恵まれたので良い旅行になりました。
      しかし街にはホームレスや(おそらく薬物患者)挙動不審な人もおり、貧富の差も感じられました。
      la fontaine * エッセイ * 23:10 * comments(0) * trackbacks(0)

      いつの間にか秋

      0
        ここ数日東京はとても涼しくなりました。涼しいというよりは、少し肌寒いくらい。あいにくの雨で秋晴れとはいかないですが、今年の夏の猛暑に比べれば過ごしやすいですね。

        9月24日の本番に向けて、リヒャルト・シュトラウス「メタモルフォーゼン」のスコアリーディングしています。





        気分転換で、コーヒーブレイク。先日テレビでお酢が体にいいとをやっていました。コーヒーに黒酢を入れるご夫婦が紹介されていましたが、早速実践。小さじ1杯弱の黒酢をブラックコーヒーに入れると、少し酸味の効いたコーヒーになりました。
        la fontaine * エッセイ * 11:05 * comments(0) * trackbacks(0)

        夏祭り

        0

          毎年7月19日20日は、仙台の大日如来を祀る柳町通りでお祭りが催される。
          今年もにぎやか。実は家の真ん前。参加するより、高みの見物。
          la fontaine * エッセイ * 22:08 * comments(0) * trackbacks(0)

          過去からの便り??

          0
            実家で整理をしていたら、そろばん検定6級合格通知のハガキが出てきた。昭和42年6月4日の消印。おそらく6月5日か、遅くも6日には受け取っていただろう。この葉書は母が記念にと、取っておいてくれたのだろうか。きっと自分も見て結果を喜んだはずだが、まったく記憶にない。過去からの便りに出会って、何か嬉しいような、そしてちょっと寂しいような思いにかられた。
            母が亡くなって、6月8日でちょうど10年になる。存在すら忘れていたハガキがひょっこり現れてきて、まるで過去の自分からの便りを受け取ったような気がする。しかも、差し出されたのが50年前の6月ならば、再び私の目の前に姿を現したのも6月。母の命日の相前後。偶然ではあるがやはり不思議だ。きっと母がどこかで私のことを見ているのかもしれない。


            割算100点!
            la fontaine * エッセイ * 22:04 * comments(0) * trackbacks(0)

            ニューヨーク旅行(2)

            0
              昨日はメトロポリタン美術館を訪れました。
              数多くの名絵画コレクションには本当に圧倒されました。









              la fontaine * エッセイ * 12:00 * comments(0) * trackbacks(0)

              ニューヨーク旅行(1)

              0

                4月18日から6日間の日程でニューヨークに旅行しています。

                実は人生初のアメリカ、そしてニューヨーク!今回はメトロポリタン歌劇場で「エウゲニ・オネーギン」「リゴレット」、新演出の「薔薇の騎士」を観賞するほか、美術館など巡ります。


                JFK着陸直前の眺め
                la fontaine * エッセイ * 09:15 * comments(0) * trackbacks(0)

                仙台は桜が満開

                0



                  Facebookをメインにしていたので、この頃ブログの更新がおろそかになってしまいました。 昨年の今頃は、ウィーンでニコラウス・アーノンクール追悼コンサートを聴いていました。
                  そんなことを思い出しながら、今年は仙台で桜を見ています。家の近くにある東北大学片平キャンパスの桜がきれいです。大学の校舎とトラストシティを背景にパチリ。桜の木が大きく見えます。
                  la fontaine * エッセイ * 10:44 * comments(0) * trackbacks(0)

                  石賀直之さんの切り絵

                  0
                    石賀直之さんは、奈良を本拠に「切り絵」という既成のイメージを大きく覆す、とても素晴らしい作品を生み出している作家さんです。最近東京でもいくつか作品が展示されていますが、今年10月に大阪で個展を開かれます。
                    その作品の美しさは写真ではとても言い表せません。今後は海外でも作品が紹介される予定と聞いています。目の離せない「旬の芸術家」だと思います。

                    石賀直之オフィシャル・ホームページ
                    http://www.naoyuki-ishiga.com


                    2015年4月奈良にて石賀さん(右)と






                    2015年8月ギャラリー心(東京都台東区)で開かれた「妖怪と花」展で展示された石賀さんの作品。

                    個展の案内

                    石賀直之個展
                    2015年10月29日〜11月3日
                    大阪のGallery A stairにて
                    大阪市中央区南船場4丁目5-4
                    心斎橋OKAMOTO BLD.2F
                    入場無料



                    la fontaine * エッセイ * 11:35 * comments(0) * trackbacks(0)

                    デ・キリコ展を見る

                    0
                      所用で東京駅方面へ出掛け、用事を済ませて日本橋界隈を散策していた時に、ふとパナソニック汐留ミュージアムで開催中の「デ・キリコ展」のことを思い出し、地下鉄に乗って新橋へ。

                      デ・キリコといえばまずあの形而上絵画が思いだされ、個人的にもとても好きなのですが、今回の展覧会では、キリコの創作の変遷が見られ、大変に興味深くまた充実したものでした。
                      なかでも古典主義やネオ・バロックの作品は、日本ではあまり見る機会がなく、感銘を受けました。また、ミュンヘン時代にベックリンや、ニーチェからも大きな影響を受けたことも紹介されていて、とても興味を引かれました。ベックリンは、私の好きな画家の一人で、デ・キリコが影響を受けたとことに新鮮な驚きを覚えました。日本ではあまり知られていないかもしれませんが、ベックリンは19世紀を代表する画家の一人で、ミュンヘンのノイエ・ピナコテークで充実したコレクションを見て以来、ファンになりました。

                      「ジョルジョ・デ・キリコ 変遷と回帰」は五つの区分に分かれて各時代の作品が紹介されています。
                      1.形而上絵画と発見
                      2.古典主義への回帰
                      3.ネオバロックの時代ー「最良の画家」としてのデ・キリコ
                      4.再生ー新形而上絵画
                      5.永劫回帰ーアポリネールとジャン・コクトーの思い出

                      2014年12月26日まで 10時〜18時



                      la fontaine * エッセイ * 15:34 * comments(1) * trackbacks(0)
                      このページの先頭へ