<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

メトロポリタン歌劇場「ばらの騎士」

0

    公演前のメトロポリタン歌劇場(筆者撮影)




    ばらの騎士のポスター(筆者撮影)


    R・シュトラウス:ばらの騎士

    2017年4月21日 メトロポリタン歌劇場
    指揮:Sebastian Weigle
    演出:Robert Carsen
    美術:Paul Steiberg
    衣装:Brigitte Reiffenstuel

    オクターヴィアン:Elina Garanca
    元帥夫人:Renee Fleming
    オックス男爵:Günther Groissböck
    イタリアの歌手:Matthew Polenzani
    ファーニナル:Markus Brück
    ゾフィー:Erin Morley
    ほか


    「ばらの騎士」はとても好きな作品だが、舞台で観たのは久しぶり。今年4月13日に初日を迎えた、メトロポリタン歌劇場の新演出「ばらの騎士」を観てきました。歌手はもちろん、美術や衣装も素敵な舞台で、奇をてらわず、しかしながら、この作品の演出の新しい在り方を示す素晴らしい舞台だと感じました。
    このオペラが作曲された1911年、第1次世界大戦前夜のハプスブルク家の時代に設定したカーセンの演出と、美しく魅せるスタインバーグの舞台美術が、目を引きました。 意表を突かれたのは第1幕冒頭、元帥夫人の寝室前の廊下から始まること。部屋から出てきたオクターヴィアンが一服タバコをふかしているのを、元帥夫人があとを追う展開。壁が吊り上げられて現れる元帥夫人の部屋は、まさにシェーンブルン宮殿のよう。しかも部屋を対角線で区切り客席から逆V字に、つまり部屋の角隅が舞台の中心に来る舞台装置にも関心しました。
    第2幕のファーニナル邸は、壁にギリシャ時代の戦闘を描いた壁画、軍事物資で財を成した成り上がり貴族の館を象徴し、さらには大きな大砲がニ門。
    第3幕は高級な「快楽の館」。原作の酒場とは違うものの、それでいて、不思議に違和感を感じることはなく、納得のいく舞台でした。
    歌手陣は、オクターヴィアンのガランチャ、元帥夫人のフレミング、オックス男爵のグロイスベックの三人がすばらしく、特にグロイスベックは、オーストリア出身ということもあり、オーストリア方言の歌詞は完璧。オックス男爵という難役を演技の上でもみごとにこなしていました。オックス男爵は、マンフレート・ユングヴィルトやクルト・モルなどベテランの歌手で観てきましたが、グロイスベックも当たり役だと思いました。

    フレミングの今回の舞台が元帥夫人役の最後。これからは大きな役での登場は減らしていくとのこと。彼女の元帥夫人が聴けたのは幸運でした。
    la fontaine * オペラ * 07:40 * comments(0) * trackbacks(0)

    宮城学院生涯学習講座「シネマでオペラ」2017年度開講

    0
      昨日5月20日(土)に、宮城学院生涯学習センター「シネマでオペラ」が始まりました。
      今年で5年目の講座は、前期4回・後期6回の合わせて10回。METライブビューイングで上映されるオペラについて、鑑賞前にあらかじめオペラのあらすじ、作曲家や時代背景背景などについて解説。オペラをより深く味わってもらうことを主眼としています。
      第1回の昨日はチャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」について、私が用意した教材のプリントをメインに、映像もまじえてお話ししました。







      la fontaine * オペラ * 09:33 * comments(0) * trackbacks(0)

      ニューヨーク旅行(2)

      0
        昨日はメトロポリタン美術館を訪れました。
        数多くの名絵画コレクションには本当に圧倒されました。









        la fontaine * エッセイ * 12:00 * comments(0) * trackbacks(0)

        ニューヨーク旅行(1)

        0

          4月18日から6日間の日程でニューヨークに旅行しています。

          実は人生初のアメリカ、そしてニューヨーク!今回はメトロポリタン歌劇場で「エウゲニ・オネーギン」「リゴレット」、新演出の「薔薇の騎士」を観賞するほか、美術館など巡ります。


          JFK着陸直前の眺め
          la fontaine * エッセイ * 09:15 * comments(0) * trackbacks(0)

          メトロポリタン歌劇場「エフゲニー・オネーギン」

          0




            4月18日メトロポリタン歌劇場でチャイコフスキーの抒情的情景(作曲者による)「エウゲニ・オネーギン」を観ました。

            なんと言ってもネトレプコが群を抜いてすばらしく、タチャーナを体現しているのみならず、その心の内面までも歌で表出し、聴き手の心に訴えかけてきました。
            第1幕手紙の場面は彼女の独壇場。 さらに第3幕2場が圧巻!田舎の少女から気品ある女性に成長したタチャーナ。オネーギンを愛しながらも、自らの立場を守り抜く彼女の苦悩、心の内が演技はもちろん「声の表情」からも観る側に伝わり、思わず涙が頬を伝わるほどでした。
            ロシアに行った時、プーシキンの原作は、学校で暗唱して習うと聞いたことがあります。ロシア生まれ、ロシア語を母国語とするネトレプコには、タチャーナはまさに当たり役。
            オネーギンのマッティも素晴らしいのですが、オネーギンの役作りにもう一歩踏み込んで欲しかったと思います。レンスキーのドルゴフは田舎詩人のレンスキー役を好演。
            舞台の奥行きをうまく活用し、遠近感を出したワーナーの演出も好感がもてました。
            残念だったのは、指揮を予定していたティチアーティが病気でキャンセルし、アシスタント・コンダクターのJoel Revzen だったこと。もちろんピンチヒッター、代役でよくまとめたと思いますが…。

            2017年4月18日
            メトロポリタン歌劇場
            チャイコフスキー:エウゲニ・オネーギン
            指揮:Joel Revzen
            演出:Deborah Warner
            美術:Tom Pye
            衣装:Chloe Obolensky

            タチャーナ:Anna Netrebko
            オルガ:Elena Maximova
            ラリーナ夫人:Elena Zaremba
            レンスキー:Alexey Dolgov
            オネーギン:Peter Mattei
            la fontaine * オペラ * 03:15 * comments(0) * trackbacks(0)
            このページの先頭へ