<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

新潟室内合奏団第75回演奏会

0

    11月11日(土)新潟室内合奏団第75回演奏会

    今回は三年ぶりの共演でした。モーツァルト、バルトーク、レーガー、ドヴォルジャークの作品が並ぶプログラム。

    モーツァルトの交響曲第29番は、作曲家18歳の作品。しかし内容はすでに大家の域に達した名曲。

    バルトークのヴィオラ協奏曲は、新潟出身で音楽の本場オーストリアのオーケストラで主席ヴィオラ奏者を務める羽柴累さん。彼女との共演は今回で3度目ですが、クラーゲンフルトの主席ヴィオラ奏者になってからは初めての共演。いつもながらに素晴らしい演奏であると同時に、本場のオーケストラで演奏しているキャリアの重みを感じる演奏でした。

    今年の11月11日は東日本大震災から6年8か月目にもあたり、私のコーディネートで福島から7人の弦楽奏者をお招きして、後半ステージのレーガーとドヴォルジャークをともに演奏しました。新潟室内としては異例の弦楽器の編成。弦楽器奏者は8.8.8.7.4となり、普通の交響楽団の規模。新潟では練習を7月から重ねていましたが、本番2日前11月9日から福島からのゲストが加わると弦楽器の音が普段とは違う音色になり、それに伴いオーケストラ全体のまとまりも格段に向上。新潟・福島合同オーケストラは豊かな響きになりました。

    レーガーの弦楽オーケストラのための間奏曲「愛の夢」は、作曲家が友人の結婚祝いのために書いた4分ほどの短い曲。弱音器を付けた柔らかな弦楽の音色に心和む音楽。ドヴォルジャークの交響曲第8番は、オーケストラのメンバーにとっても、私にとってもそれぞれに思い入れがある作品。高い集中力と熱のこもった演奏になりました。

    今回も当日のプログラムに原稿をたのまれ、「巨匠たちへの手紙」と題して天国にいるモーツァルト、バルトーク、ドヴォルジャークの三人に宛てた手紙形式にしてみました。以下全文を転載します。

    巨匠たちへの手紙

    親愛なるヴォルフガング様

    あなたが10代の作品でも高い完成度に到達しているのにはいつも驚きます。これから演奏するイ長調の交響曲を作曲した時、あなたは18歳でしたね。交響曲はフォルテのトゥッティ和音やファンファーレで始めるのが慣例なのに、弦楽器のピアノで、しかも終止でよく使われるオクターヴの下降形をモチーフにして始める。それに続くフォルテではヴァイオリンと低音部とがカノンように対話する。優美でオペラのアリアのような第2主題。中間部は音型の反復や転調で活き活きとして素敵です。ヴァイオリンに弱音器をつけて演奏する第2楽章は、付点音符がたくさん使われているのに、優雅な情緒をたたえています。あなたがウィーンで作曲した変ホ長調の交響曲(第39番)を思い出します。活き活きとした付点の長短リズムの第3楽章は、なんだかジャズの「スウィング」にも似ています。トリオのほうが優雅なメヌエットに聞こえます。最終楽章はスピード感にあふれる6/8拍子のカッチャ 、狩の音楽ですね。しかも主題のオクターヴの下降形モチーフは第1楽章と同じ。ほんとうに素晴らしい交響曲です。

    ところで今日はメヌエットとトリオは音楽の性格に合わせてテンポを少し変えて演奏します。もとは別の曲だから、テンポが違ってもよいのですよね?このことを私が尊敬するニコラウス・アーノンクールという貴族出身の音楽家から教わりました。貴族出身の音楽家と聞くと驚かれるでしょう?!20世紀になって貴族の家柄でも職業音楽家になることが認められたのです。アーノンクールはあなたのお父さんが書いた「ヴァイオリン奏法」をとてもよく研究していました。昨年天国に移住したので、今頃はあなたと音楽論議に花を咲かせているかもしれないですね。

    尊敬するバルトーク・ベーラ様

    あなたに手紙を差し上げる時は、祖国ハンガリーと同じく苗字・名前の順で書くことにします。いままでに何度かハンガリーを旅しましたが、日本人を同族のように親近感をもって接してくれることに感激しました。今日はヴィオラ協奏曲を演奏します。この曲を完成せず1945年に亡くなられたことは、本当に残念です。ヴィオラ奏者ウィリアム・プリムローズから委嘱された時、あなたは技術的に難しい作品にする予定だったそうですね。あなたが残したピアノ・スケッチは、弟子のシェルイ氏がオーケストレーションを補い完成させました。近年ではあなたの息子ペーターさんが監修した楽譜もありますが、今日はシェルイ版で演奏します。

    第1楽章はヴィオラ独奏で始まり、それにオーケストラが応えていきます。この民謡風の主題にあなたの郷愁の念をと聞くのは間違いでしょうか?二つのそれに続く主題があり、短いカデンツァの後の再現部となってファゴットのソロに導かれて第2楽章に入ります。この宗教的な雰囲気の楽章は、途中で動きが速くなります。わずか10小節ですが、ヴィオラの悲しげな旋律に絡む木管楽器が、鳥の歌のようですね。終結部で突然2拍子に変わり、ソロに導かれてそのまま第3楽章に入ります。この活気にあふれた民族舞曲の楽章は、ハンガリー音楽を私たちに思い出させてくれます。

    今日のソリスト羽柴累さんは、新潟出身でウィーンに留学し、現在はクラーゲンフルト歌劇場で主席ヴィオラ奏者を務めています。東洋人の女性がヨーロッパのオーケストラで主席を務めている例は少なく、彼女がとても優れた音楽家である証です。数年前に彼女はクラーゲンフルトでこのヴィオラ協奏曲を演奏しています。その素晴らしい演奏を私も客席で聞いていました。彼女がふたたび新潟で演奏してくれることは大きな喜びです。

    敬愛するアントニン・ドヴォルジャーク様

    あなたにぜひ伺いたかったことがあります。1888年にチャイコフスキーがプラハを訪れ、自作のオペラ「エフゲニー・オネーギン」と交響曲第5番を指揮しました。あなたはそれを聴いてオペラには感激したものの、交響曲のほうは当初戸惑いを隠せなかったとか。どうしてですか?その後チャイコフスキーを滞在先に訪ねて、交響曲第5番のスコアを前に意見を交換したりして、音楽論議と親交を深めたそうですね。どんな話をされたのですか?あなたはそこからなにか影響をうけたのですか?

    その翌年のあなたの作品、交響曲第8番をこれから演奏します。1890年の初演当初にはあまり評価されなかったそうですね。あなたを支援していたブラームス先生でさえ「断片的で副次的な要素が並列されているだけ」と苦言を呈したそうです。私は8番の管弦楽法にとても興味を持っています。たとえば保続音(オルゲルプンクト)の使い方は、オルガンのレジストレーションのようで、あなたがオルガニストとして出発したことがうかがわれます。

    なにより第1楽章のチェロと管楽器による主題が大好きです。その後いくつかの主題が入れ替わり立ち代わり現れます。展開部がなく、構成力に乏しいとも言われますが、むしろ交響詩に近いのかもしれません。1889年は近代に向かって時代が大きく動いたと思います。 なぜならR.シュトラウスの交響詩「ドン・ファン」も、マーラーの交響曲第1番も同じ1889年の初演ですから。

    話は第1楽章に戻りますが、チェロの主題の後にフルートの旋律が現れますね。私には鳥の歌に聞こえますが違いますか?それに続くピアニッシモからフォルティッシモまでの盛り上がりは、朝陽が昇り大地を明るく照らすようです。こうしたところに私はマーラーの交響曲第1番との同時代性を感じます。

    アダージョの第2楽章は、構成にとらわれない幻想曲なのでしょうか?冒頭からまるで妖精の棲む深い森に誘われるかのように感じます。中間部の威風堂々とした部分はワーグナーの「マイスタージンガー」を思い起こさせます。1863年ワーグナーが自作を携えプラハに客演した際に、彼の指揮する演奏に加わりその音楽に傾倒したそうですね。

    第3楽章は古典的なメヌエットやスケルツォではなく、優雅でどこか哀愁をおびたト短調のワルツ。アウフタクトでオクターヴ急上昇したメロディーが10小節かけてゆっくりと蛇行しながら降りてきます。そういえばチャイコフスキーの5番も3楽章はワルツですね。中間部でト長調に変ると、民謡調で親しみやすいメロディーになります。実はあなたが1874年に作曲した1幕のオペレッタ「がんこ者たち」のなかで歌われるアリア「娘は若く、男は年をとって」からの引用。コーダにも同じオペレッタからの引用があるようですが、チェコ以外ではほとんど上演されない作品なので、この事実はほとんど知られていません。それにしても、どのようなお考えで引用されたのですか?

    第4楽章はトランペットのファンファーレに導かれて始まりますが、これは第1楽章の主題を派生させたものだとよくわかります。続くチェロのメロディー(ソ・シ・レ)も第1楽章のフルートのメロディーと同じ音の並び。それが自由に変奏されて4楽章が作られていることを考えると、両端楽章の主題の結び付きが見えてきます。そういえばチャイコフスキーの5番、第1楽章序奏の主題が第4楽章冒頭で再現されます。もしかしたらチャイコフスキーとの音楽論議でそうした主題の扱いについて話し合われたのかもしれませんね。

    うっかりお話しするのを忘れるところでした。コンサートの休憩後にマックス・レーガーの弦楽オーケストラのための間奏曲「愛の夢」を演奏します。5分くらいの小品です。後半ステージでは福島県出身の弦楽器奏者がゲストとして一緒に弾いてくださるのです。今から6年8か月前に東日本大震災が起こり、東北地方は甚大な被害に見舞われました。私が福島で活動していたご縁で、今日は復興を願って一緒に演奏する機会を持つことになりました。その思いが伝わることを願ってこの手紙の結びとします。  

    2017年11月11日 本 多 優 之

    JUGEMテーマ:音楽

    la fontaine * クラシック音楽 * 18:13 * comments(0) * trackbacks(0)

    夏祭り

    0

      毎年7月19日20日は、仙台の大日如来を祀る柳町通りでお祭りが催される。
      今年もにぎやか。実は家の真ん前。参加するより、高みの見物。
      la fontaine * エッセイ * 22:08 * comments(0) * trackbacks(0)

      過去からの便り??

      0
        実家で整理をしていたら、そろばん検定6級合格通知のハガキが出てきた。昭和42年6月4日の消印。おそらく6月5日か、遅くも6日には受け取っていただろう。この葉書は母が記念にと、取っておいてくれたのだろうか。きっと自分も見て結果を喜んだはずだが、まったく記憶にない。過去からの便りに出会って、何か嬉しいような、そしてちょっと寂しいような思いにかられた。
        母が亡くなって、6月8日でちょうど10年になる。存在すら忘れていたハガキがひょっこり現れてきて、まるで過去の自分からの便りを受け取ったような気がする。しかも、差し出されたのが50年前の6月ならば、再び私の目の前に姿を現したのも6月。母の命日の相前後。偶然ではあるがやはり不思議だ。きっと母がどこかで私のことを見ているのかもしれない。


        割算100点!
        la fontaine * エッセイ * 22:04 * comments(0) * trackbacks(0)

        メトロポリタン歌劇場「ばらの騎士」

        0

          公演前のメトロポリタン歌劇場(筆者撮影)




          ばらの騎士のポスター(筆者撮影)


          R・シュトラウス:ばらの騎士

          2017年4月21日 メトロポリタン歌劇場
          指揮:Sebastian Weigle
          演出:Robert Carsen
          美術:Paul Steiberg
          衣装:Brigitte Reiffenstuel

          オクターヴィアン:Elina Garanca
          元帥夫人:Renee Fleming
          オックス男爵:Günther Groissböck
          イタリアの歌手:Matthew Polenzani
          ファーニナル:Markus Brück
          ゾフィー:Erin Morley
          ほか


          「ばらの騎士」はとても好きな作品だが、舞台で観たのは久しぶり。今年4月13日に初日を迎えた、メトロポリタン歌劇場の新演出「ばらの騎士」を観てきました。歌手はもちろん、美術や衣装も素敵な舞台で、奇をてらわず、しかしながら、この作品の演出の新しい在り方を示す素晴らしい舞台だと感じました。
          このオペラが作曲された1911年、第1次世界大戦前夜のハプスブルク家の時代に設定したカーセンの演出と、美しく魅せるスタインバーグの舞台美術が、目を引きました。 意表を突かれたのは第1幕冒頭、元帥夫人の寝室前の廊下から始まること。部屋から出てきたオクターヴィアンが一服タバコをふかしているのを、元帥夫人があとを追う展開。壁が吊り上げられて現れる元帥夫人の部屋は、まさにシェーンブルン宮殿のよう。しかも部屋を対角線で区切り客席から逆V字に、つまり部屋の角隅が舞台の中心に来る舞台装置にも関心しました。
          第2幕のファーニナル邸は、壁にギリシャ時代の戦闘を描いた壁画、軍事物資で財を成した成り上がり貴族の館を象徴し、さらには大きな大砲がニ門。
          第3幕は高級な「快楽の館」。原作の酒場とは違うものの、それでいて、不思議に違和感を感じることはなく、納得のいく舞台でした。
          歌手陣は、オクターヴィアンのガランチャ、元帥夫人のフレミング、オックス男爵のグロイスベックの三人がすばらしく、特にグロイスベックは、オーストリア出身ということもあり、オーストリア方言の歌詞は完璧。オックス男爵という難役を演技の上でもみごとにこなしていました。オックス男爵は、マンフレート・ユングヴィルトやクルト・モルなどベテランの歌手で観てきましたが、グロイスベックも当たり役だと思いました。

          フレミングの今回の舞台が元帥夫人役の最後。これからは大きな役での登場は減らしていくとのこと。彼女の元帥夫人が聴けたのは幸運でした。
          la fontaine * オペラ * 07:40 * comments(0) * trackbacks(0)

          宮城学院生涯学習講座「シネマでオペラ」2017年度開講

          0
            昨日5月20日(土)に、宮城学院生涯学習センター「シネマでオペラ」が始まりました。
            今年で5年目の講座は、前期4回・後期6回の合わせて10回。METライブビューイングで上映されるオペラについて、鑑賞前にあらかじめオペラのあらすじ、作曲家や時代背景背景などについて解説。オペラをより深く味わってもらうことを主眼としています。
            第1回の昨日はチャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」について、私が用意した教材のプリントをメインに、映像もまじえてお話ししました。







            la fontaine * オペラ * 09:33 * comments(0) * trackbacks(0)
            このページの先頭へ